2006年06月21日

はじめてみたあとに

 そろそろこのブログを書き始めて一ヶ月になりますが、記事の数は6個、ですか。少ないですね(笑)
 言い訳じゃないのですが、このテーマでやるのは思ったよりも大変でした。はじめは元記事の要約を書くつもりはなかったのですが、これを書かないと本当の自己満足で終ってしまいそうだったので書くことにしたのです。これを書くために元記事を少なくとも二回は読まないといけないことになり・・・。
 コメントに関しても、予備知識が足りなかったりで下調べが必要になり、思ったよりもかなり時間がかかっています。「はじめに」ではコメントは短いものになる、と書きましたが、これも短くしてしまうと自己満足で終ってしまいそうだったので、長くなってきました。

 あと、これまでの書き方だと、どこまでが元記事の内容で、どこからが僕のコメントなのかがわからなくなってしまっていたので、コメントのはじまりを明示するようにしました。
 ペースに関しては現状から大幅に高める事は難しそうですが、これからもペースを落とさず、クオリティを段々と高められるように、頑張っていきますので、見てくださっている方にはよろしくお願いします。


posted by 心太 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Taiwan's Chen makes radical move

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asiapacific/5038282.stm


 2000年の総統就任以来、六年間にわたって独占的な権力を行使してきた台湾民進党の陳水扁氏が、汚職をめぐるスキャンダルの責任を取る為に、彼の権力の一部分を他の党員に譲る、という発表を行ったとのことです。

 これによって最も利益を受けると思われるのは、2008年の総統選に立候補すると見られている首相の蘇貞昌氏で、彼には中国への対応に関してよりプラグマティックな政策をとることが期待されています。しかし、陳水扁氏は全くの名目上の指導者(figurehead)になるわけではなく、安全保障や外交や対中関係のキー・エリアでは指揮力を維持するつもりのようです。
 しかし党内では権力体制の変化に対する不安の声があり、また、さらなる汚職が明らかになれば国民党からの批判を免れず、陳水扁氏は権力を維持できなくなる可能性が高いようです。

[コメント]
 発展途上の事件のようなので経過を待たなければなりませんが、台湾が中国からの独立を貫こうとすることに関係がある気もします。中国に統一されてから汚職が明らかになると、汚職に携わった人、あるいは党は厳重に処罰され、国民党と民進党は共産党に対抗する力を持つ事が出来なくなってしまうのではないでしょうか。
 ちなみに、中台関係に関しては、もともと台湾では現状維持(実質上の中国からの自立)を望んでいる人が多いそうです。
posted by 心太 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BBC News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。